宅建資格の試験は季節毎のイベントです。不動産業界は賑わう日です。受かった人は喜びますが、落ちた人は可哀想です。

宅建資格の試験は、季節毎のイベントです。
宅建資格の試験は、季節毎のイベントです。

宅建資格の試験は、季節毎のイベントです。

不動産業界に務めている人は、毎年、宅建資格の試験が、季節毎のイベントになっています。不動産をしていると必ず必要な資格です。一度で受かる人もいますが、毎年落ちる人もいます。中には、10年くらい落ちている人もいます。毎年時期が来ると勉強します。試験日は、大体10月の第三週位なので、それに合わせて勉強します。早く始める人もいますが、大体が、一か月前から始める人が多いです。

仕事が忙しいので、なかなか手が回らないようです。二三回落ちると大体自分で勉強するのを辞めて、学校に通う人が多いです。学校は、半年くらい掛かります。それでもそのほうが、確実です。中には、通っても落ちる人は、いますが、受かる確率は、飛躍的に高くなります。
毎年受けるのは、飽きてきますが、不動産屋は、必ず持っていないといけない資格です。5人に一人でいいですが、最近は、全員合格を目指す会社が、増えています。そのほうが、お客様に対する安心感が、増えていきます。宅建の資格を持っていないと、かなり舐められます。季節毎のイベントは、いつも行われます。宅建の試験の合格率は、16%位ですので、6人に一人は、受かる確率です。
しかし、宅建業者を例にとると、10人に一人くらいの確率です。宅建業者以外の人が、結構合格しています。他の業界でも、仕事で使うことが多いです。特に金融機関の人が受けています。主婦や、学生も受けています。50問中35問わかると合格です。選抜試験では、有りませんが、なかなか大変です。

季節毎のイベントなので、こっそり試験を受ける人もいます。落ちたら格好が悪いので、黙って受ける人もいます。何回も受けて落ちると、格好が付きません。試験の当日の夜には回答が発表されます。受けた人は、どの人も自分の答えを移してきていますので、その場で合格が分かります。試験の夜は、事務所は、大賑わいです。受かった人は、大喜びです。落ちた人は、がっかりです。かなり肩を落とします。又、来年も勉強しないといけません。とてもドラマチックな1日です。

【PR】 お役立ち情報

Copyright (C)2014宅建資格の試験は、季節毎のイベントです。.All rights reserved.